サプリメントを活用して酵素を補おう

By ritan , 2016年1月7日 , サプリ

LINEで送る
Pocket

15

現代人に不足がちな酵素。酵素は体内に取り入れた栄養を消化・吸収する、便秘を解消する、自律神経を安定させるなど体内の健康を保つ重要な役割を果たします。他にもダイエット効果、美肌効果、酵素を摂取することで美容効果に期待ができます。酵素は日常の食事からも摂取されていますが、酵素ドリンク、酵素サプリメントから豊富に摂取することができます。酵素は体内でも生成されますが、食習慣やストレスなどにより現代人は不足しがちです。新年に備えて酵素を補って体調を整えましょう。

酵素の種類と働き

酵素は人間の六大栄養素、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維を消化・吸収する重要な役割があります。六大栄養素を摂取しても酵素が不足していては体にしっかりと取り入れられないためしっかりと酵素を摂取することが大切です。

酵素の理想的な摂取量は数値に定められていませんが、体に栄養分が不足すると体調の異変に気づくはずです。その時に意識的に酵素を摂取すれば栄養分がきちんと吸収され、その効果を感じることができるでしょう。酵素は過剰摂取による悪影響はほとんどないため、摂取し過ぎる心配はありません。

酵素ドリンク、酵素サプリメントは摂取するタイミングも重要です。栄養分の消化・吸収するため食前に摂取することがポイントです。空腹時に摂取することにより酵素の吸収も早まります。食事を取る40分~1時間前に摂取するとよいでしょう

体内で作られる酵素の量は無尽蔵ではなく、遺伝子により個人差がありますが、一定の量しか作り出すことができません。体内で作られる酵素は消化酵素と代謝酵素に大きく分けられます。

消化酵素は、その名の通り消化を担う酵素で、摂取した食べ物を消化分解して吸収する働きがあります。
代謝酵素は、吸収された栄養分を体中の細胞に届けて、有効に働く手助けをする新陳代謝、毒素を汗や尿の中に排出する有害物質の除去、体の悪い部分を修復し、病気を治す自然治癒力、免疫力を高める、などの働きがあります。

酵素は前述の通り、食生活習慣やストレスにより減少しますが、歳を重ねるにつれて体内で作られる量も減少してしまいます。それを食事として補っていくことが重要であり、体外にある食物酵素がこれを支えてくれます。

食物酵素は野菜や果物に豊富に含まれています。野菜では大根、ニンジン、キュウリ、小松菜、ブロッコリーなどの生の状態に多く含まれています。大根はデンプンの分解を促進する消化酵素のジアスターゼを含んでいます。大根おろしにして生の状態で摂取することで多くの酵素が摂取できます。ニンジンはβカロチンを多く含んでいて栄養価も高いです。活性酸素を抑制する働きもあると言われており継続的に摂取したい野菜です。

果物ではリンゴ、バナナ、キウイ、パイナップル、柑橘類に多く含まれています。りんごはビタミン、ミネラル、食物繊維も豊富です。バナナはデンプン分解酵素のアミラーゼを多く含んでいます。完熟したものほど多くの酵素を含みます。

発酵食品は多くの酵素を含んでいておすすめです。味噌、納豆、豆乳、ヨーグルト、チーズ、キムチなどが代表例としてあげられます。豆乳はタンパク質、ミネラル、ビタミンも含んでいます。ヨーグルトは腸内善玉菌を増加させて整腸作用があります。

酵素サプリメントは食前に摂取しよう

体に必要な栄養素を取り入れる上で大切なことは、なんといっても毎日の食事から継続的に摂取することです。仕事で忙しい方は料理をする時間がなく、栄養価の高い食事を毎日摂取するのが難しいかもしれません。食事から摂取できる酵素ですが、サプリメントからも摂取することができます。サプリメントであれば時間と手間をかけずに摂取することができ一石二鳥です。摂取する回数はサプリメントのタイプによりますが、理想的な回数は一日3回です。一回でまとめるよりも食事の度に摂取することが効果的ですので意識的に回数を分けるように心がけましょう。

摂取するタイミングは前述のように食前です。薬と混同して食後に摂取することに意識が行ってしまいがちですが、酵素は消化・吸収を促進します。食後に飲んでしまうと遅く、食事中だと消化・吸収が始まるころに間に合います。食前30分前くらいまでに摂取できれば最も効果的に酵素が働いてくれるので、このタイミングを意識して飲むようにしましょう。

酵素ドリンクは1日に20~60ml飲むだけでダイエット、整腸作用、アンチエイジング、美肌・美白効果などの効果が期待できます。酵素サプリメントも同様の効果が期待できます。

酵素と長く付き合うには

ダイエットをしたいがなかなか行動に移せない、気になる酵素商品があるがどれを選べばよいか迷っている、慢性的な便秘に悩んでいる、仕事の疲れが取れず目覚めがすっきりしない、暴飲暴食をすることがある、春先の花粉症の症状が重い、寝付きが悪く眠れないことがある、化粧品ののりが悪く肌の状態も良くない、体力の低下を感じることがある、という方には酵素を積極的に摂取することをおすすめします。

酵素ドリンク、酵素サプリメントにはさまざまな種類があり、どれを選んでいいか迷うことが多いかと思います。酵素ドリンクを選ぶ上で大切なのは、着色料、保存料、合成保存料、甘味料などの添加物が入っていないものを選ぶことです。酵素ドリンクの成分表に、安息香酸ナトリウム、スクラロース、カラメル色素、パラオキシ安息香酸ブチルなどの表記があるものに添加物は入っています。酵素は発酵しているため腐敗することはなく、保存などの添加物を入れる必要はありません。

原材料が豊富であるものを選びましょう。また、返金保証もポイントです。酵素ドリンクは味や匂いにクセがあるものが多いです。自分の味覚にあってないドリンクでは長く飲み続けることができません。
味覚は千差万別のため、材料のみでは判断することが難しいです。返金保証があるものであれば、実際に飲んで判断することができるため、自分に合った、長く飲み続けられるものを見つけましょう。保証のあるメーカーの返金条件は購入者に優しい内容です。

植物性エキス発酵飲料という品名、名称になっていることも大切です。こちらも添加物と同様に成分表から確認することができます。成分表の最初の欄には、品名または名称があります。植物性エキス発酵飲料という表記があるものを選びましょう。植物性エキス発酵飲料とは、財団法人日本健康・栄養食品協会の規定する品質基準を満たした商品で、消費者の健康維持増進に役立つことを目的としていて健康食品業界ではとても信頼性の高い商品の証となります。

酵素サプリメントの選び方のポイントは、酵素ドリンク同様に添加物が入っていないことです。また、成分表に植物発酵エキスの表記があることも重要です。植物発酵エキスとは、野菜、果物、大豆、海藻など、何十種類もの植物を自然の力で長期間、熟成・自然発酵させたエキスです。

果実などは皮もそのまま発酵させるため、丸ごと自然の恵み、生命を凝縮させたエキスとなっています。発酵・熟成期間が長ければ長いほど酵素や酵素をサポートするアミノ酸、ビタミンやミネラルの含有率が高くなります。酵素は熱に弱いため、加熱処理されていないサプリメントタイプがより多くの栄養素を体に取り入れることができます。

まとめ

酵素が体に果たす役割には消化・吸収といった、生きていく上でとても大切な役割があります。偏った食生活とストレスで酵素が不足しがちですので食事と酵素ドリンク、酵素サプリメントで補うようにしましょう。