酵素が疲れをとってしまう何故か

By ritan , 2014年11月11日 , 疲れ, 疲労回復

LINEで送る
Pocket

酵素疲れ

酵素を摂取すると疲れを取り除く事が出来ます、疲労回復効果に優れているのは何故なのかを紹介します。

酵素の疲労回復効果とは

酵素を摂取する事で疲労回復効果を得る事が出来ますし、睡眠時にも回復力が高まり、朝起きた時に疲れもなく起きる手助けにもなります。

何故酵素には疲労回復効果があるかと言うと、酵素には大きく分ければ消化酵素と代謝酵素があります。

この消化酵素は人体が最も消費する酵素であり、この消化酵素を使い過ぎると代謝酵素に力を回せなくなるという特徴があります、例えば1日に100の酵素パワーが使えるとすると、暴飲暴食を行えば大量に消化酵素に使われ90も消費してしまいます、すると残り10しか代謝酵素に使えず、代謝酵素には体の回復や臓器や神経の修復に使う為の力があり、逆に代謝酵素に50の力を使えると、睡眠時にも回復力が高くなり、睡眠効率も高まる事になります。

代謝酵素を沢山使えるようにする事が疲労回復に繋がる方法であり、消化に酵素を大量に使わずに、なるべく代謝酵素に使う事によって疲れを飛ばしてしまう事が出来ます。

代謝酵素を沢山使えれば、疲労回復の効果が非常に高くなりますから、日中も活動的に疲れ知らずで過ごす事も出来ます。

酵素で疲れ知らずに過ごす

代謝酵素にパワーを使えるようにする事が疲れを知らずに活動的に過ごせるポイントになり、その為にも食事やドリンク、サプリ等で酵素を摂取する事は効果的です。

そして暴飲暴食を避けて、消化酵素に使う酵素を出来るだけ代謝に回せるようにする事が必要であり、酵素の無駄使いを避けつつ、酵素を外部から摂取するという方法をとる事で疲れ知らずに過ごす事が可能です。

暴飲暴食をすれば大量の酵素を消費する事になります、沢山食べ物を食べてお酒を飲んでとなると、人体は消化分解にパワーを注ぎます、満腹状態になると眠くなるのは消化意外の所に無駄に力を使わないようにする為に起こる特徴でもあります。

酵素は作れる量は決まっていますから、ある程度年齢を重ねる程外部からの摂取が必要になってきます。

暴飲暴食を避ける事は長寿の秘訣と言われるのは、酵素を無駄使いしない事は体にとって良い影響があるという事に繋がるからです。もちろん消化酵素を無駄使いしない為に食べないという選択肢はとるべきではないです。栄養は必要であり、栄養摂取を行わないと力は出ませんし疲れてしまいます。

無駄に食べ過ぎるのを防いで代謝酵素に力を注ぐ事が重要です。

まとめ

消化酵素は消費が激しいもので、大量のパワーを使う事になります、腹八分で過ごしながら酵素とうまく付き合っていく事は疲れ知らずの体を維持する事にも繋がりますし、疲れを感じている方は暴飲暴食を避けて、酵素を外部から摂取する生活を意識してみると良いでしょう。