人気爆発!亜麻仁油おすすめ【3選】レベルの高さに思わずびっくり

By ritan , 2016年8月24日 , オメガ3

LINEで送る
Pocket

96a1f6ef2aa25b1b2fb45b5a41eddef7

出典先:Pinterest

亜麻仁油は別名「フラックスシードオイル」とも呼ばれ、配合されているオメガ3が健康やダイエットの為と、最近では大変多くの人に愛用されています。そのやり方はとっても簡単で、小さじ1杯のオイルをただそのまま飲んだり、サラダにかけて食べること。ただそれだけなのに、体の中に溜まった余分な脂肪を排出し、コレステロールを下げるなどの効果が得られます。始めたばかりの頃はただスーパーで見かけたものを購入したり、良く分からないながら通信販売で見つけたものを購入したという方、多いのではないでしょうか。実は現在日本で取り扱われている亜麻仁油は種類が大変多く、お手頃な値段にも関わらずオーガニックのものなど、次々に興味のわくものが豊富に揃っています。思わず「次は絶対これにしよう」そう思ってしまう、至極の3本をご紹介します。

北海道の農場で契約栽培!「ビオクラスタイル 亜麻仁油」

「ビオクラスタイル 亜麻仁油」は105gで1404円、1gあたりの亜麻仁油価格は13.3gと亜麻仁油としては平均的なお値段にも関わらず、北海道の契約農家で、農薬・化学肥料をできるだけ抑えて栽培された国産亜麻仁油なんです。

最終的には国産の亜麻仁油だけだと味がいまいちだったという理由から、カナダ産の亜麻仁油をブレンドして、日本人の味覚に合わせて製造されています。

抽出方法は、嬉しい低温圧搾法、熱や化学薬品を一切使用せず、抽出後はオイルを低温水で湯洗い・濾過、ガム質を除去するという徹底ぶりです。ここまで細部にまで丁寧に作られているオメガ3系オイルはそう多くないはずです。

口コミには、子供のアトピーを改善する為に購入したところ、肌質が改善し、子供さんのかゆがり方も減少したということです。中にはペットの食事にワンスプーン入れたという飼い主さんまで。おかげでワンちゃんは毎日もりもりご飯を食べているそうです。

ここで、「ビオクラスタイル 亜麻仁油」を使ったレシピを一つご紹介します。

【「ビオクラスタイル 亜麻仁油」の豆乳ドリンク】

【材料】
豆乳 コップ1杯分
※出来れば少し甘さのあるもの
亜麻仁油 スプーン1杯
ブラックペッパー 少々

【作り方】
冷やした豆乳に亜麻仁油を入れ、ブラックペッパーをふりかけたら出来上がりです。

美味しく召し上がって頂くためには、本当は豆乳を温めたいところなのですが、亜麻仁油に含まれる大事な成分、オメガ3は熱に弱い為、50度以上になると消滅してしまうといわれています。50度にならないようなんとか調節しようとしても、正確に温度をコントロールするのは難しいので、そこは安全に、冷たい豆乳にしておくのがおすすめです。

辛口Amazonでも四つ星を獲得!オメガニュートリション 有機亜麻仁油(フラックスシードオイル)

青い瓶に黄色のステッカーが思わず目を引く「オメガニュートリション 有機亜麻仁油(フラックスシードオイル)」は、Amazonを始め、楽天では常に上位、インターネットサイトのあらゆるところで「これがおすすめ」と紹介されている亜麻仁油です。

容量は218gで1944円、亜麻仁油1gあたり8.9円とお手頃価格なのも魅力です。有機栽培の亜麻から抽出された、オーガニックの亜麻仁油で、遺伝子組み換え原料は一切不使用、有機JAS認定を受けた折り紙つきの優れモノです。

製造はアメリカの工場で行われ、光・酸素・高温反応金属等を遮断した環境のもとで製造されているんだそう。亜麻仁油の大切な成分、オメガ3は熱と酸化に弱いので、こうした環境をキープしながら作られているのは大変うれしい情報ですね。

なんとこだわっているのは、それだけでなく、おしゃれともとれる青い瓶には、遮光タイプ、食用グレードの高密度ポリエチレンを使用すうという徹底ぶりです。それも、これだけ安価なお値段で提供して下さるなんて、1本試してみる価値はありそうですね。

口コミには、多少くせがあるといわれていた亜麻仁油だったけれども、全くそんなことを感じさせない風味で、スプーンにのせてそのまま飲んでいるとの感想が。他にはお通じが良くなった、肌が綺麗になった、ダイエットが成功した、体脂肪が減ったなどのうれしい結果がでています。

オイルの老舗!紅花食品が作る「亜麻仁一番搾り 170g」

人気2大通販サイト、楽天とAmazon、その両方でランキングに入り、安定した人気を誇っているのが、紅花食品の「亜麻仁一番搾り 170g」です。パッケージには綺麗なピンクの花が描かれており、店頭でもインターネットのサイトでも見つけるのは難しくなさそうです。

亜麻仁油は通常オメガ3を60%配合しているとなっていますが、紅花食品が作る亜麻仁油は、52%以上と表示されています。製造過程などで下がる可能性のある配合率をきちんと表示してくれているのが素晴らしいですね。

原産はニュージーランド、非遺伝子組み換えの40度以下搾油「低温圧搾法」で絞った一番搾りの亜麻仁油となっています。「一番搾り」といえばビールで聞き覚えのあるフレーズですが、1番美味しいところっといったイメージですよね。

口コミでは、味に変なクセがなくとっても食べやすいとのこと、お気に入りの使い方は、玄米に亜麻仁油と醤油をかけて海苔で巻いて食べることだそうです。シンプルだけど、凄く美味しそうな組み合わせですね。この食べ合わせなら、オイルをそのまま食べているということを意識しないで、さっと食べ終えてしまいそうです!

他に「これはいい!」と思った口コミだったのが、素麺のつゆに亜麻仁油を入れて食べるというやり方でした。夏の季節、つゆは冷たくするか、常温で食べることが多いと思いますが、熱に弱い亜麻仁油には最適な環境ですよね。さらに、亜麻仁油を入れることによって、つゆにコクが追加されるんです。

薬味でネギやゴマ、梅などと一緒に食べれば「あれ?亜麻仁油を入れた方がより美味しくなる」それくらい美味しい組み合わせになりました。是非皆さんも一度試してみて下さい!

紅花食品の「亜麻仁一番搾り 170g」は通販サイトでは平均して1瓶1000円~1200円で購入可能です。紅花食品は油に強いメーカーです。油を知り尽くしたプロが作る亜麻仁油、一体どんな味がするのか、是非一度試してみて下さい。

まとめ

本気を出して調べてみると、現在、国内で取り扱っている亜麻仁油の種類は、これでもか!という程たくさん揃っていました。オメガ3の効果を得るには、どれを使っても良い影響があります。

今回ご紹介したレシピ、亜麻仁油を使った食べ方以外にも、インターネットの上にはたくさんのレシピが掲載されています。中には「おお~こんな使いかたもいいかもしれない!」なんてものが見つかるかもしれません。

一つのメーカーを使い続けるのも安定していますが、これだけ良いものがたくさん揃っているのなら、一つ一つ一度試してみたくなるものです。1年間で約6本~10本の亜麻仁油が一人分、比べる楽しさを是非味わってみて下さい。