酵素は大病の一つ「がん」を抑制する効果もある!酵素が発揮するその驚きのメカニズムを解説

By ritan , 2016年9月8日 , その他, 体質改善, 健康増進

LINEで送る
Pocket

tumblr_ly18kr8uny1qjq5r9o1_500

出典先:Tumblr

健康に効果的だと話題の酵素ですが、最近の研究でがんにも有効に作用することが分かりつつあります。それが細胞のがん化の抑制やがんの転移の抑制です。今回は突然がんになってしまう体のメカニズムや、それに対して酵素がどう作用するのかをご紹介します。

細胞ががん化してしまう仕組み

最近ではがん患者が増加しています。それによりがんによって亡くなる人も増えているのです。がんのことを知るためにはまず細胞ががん化してしまうメカニズムを理解しましょう。人間は約60兆個の細胞から体を形成しています。これらはすべて体の機能を保つために必要で、正常な細胞です。

しかし悪い食物・ウイルスや細菌・ストレス・紫外線などの刺激を受けることで遺伝子に傷がつき、本来の働きをしなくなることががんの始まりとなります。傷ついて異常となってしまった一個の細胞が周囲に影響を与えてがんとなる細胞の塊ができてしまうのです。

本来なら傷ついた遺伝子が発生しても修復作用により正常な遺伝子へと戻ります。しかし修復されずに残った細胞が分裂を繰り返すことでがんの遺伝子がどんどん増えてしまう「多段階発がん」という仕組みでがん細胞になってしまいます。

またがんは遺伝性も大きく影響します。親族にがん患者がいる場合、その家系は遺伝子異常が子供へと遺伝してしまうタイプです。がんに関係する遺伝子には細胞ががんになるのを促進する「がん遺伝子」と細胞のがん化を防ぐ「がん抑制遺伝子」の2つがありますが、家族性がんの患者の遺伝子を調べると、このがん抑制遺伝子に生まれつき異常があるとされています。

酵素ががんに効果的だという研究が次々進められている

細胞ががん化する仕組みを説明しましたが、最近の研究で酵素ががんの働きを抑制するという結果が続々と発表されています。細胞分裂によって範囲を広げ大きくなったがん細胞は全身に血液が循環する流れを利用して血中に入り、他に定着する場所を探します。それによりどんどん範囲を増していき、腫瘍レベルだったがん細胞が急に成長して悪性の腫瘍となりがんと診断されてしまうのです。

がん細胞に存在する特有のたんぱく質を「がん抗原」と呼びます。このがん抗原が侵入した時にその特徴を覚えて攻撃するたんぱく質が「抗体」です。本来ならこの抗体によりがん抗原は排除されますが、がん抗原が抗体の攻撃能力以上になってしまうと、どこまで増殖を繰り返してしまいます。

またがん細胞は付着する臓器の細胞を真似して変化するずる賢い能力も持ち合わせています。そこで酵素の登場です。酵素は本物の細胞と変化したがん細胞を区別する能力があり、接着している物質を切り離して無効化すると言われているのです。またがん化を促進させるたんぱく質を切断するとも発表されています。そして研究ではがん抑制遺伝子の一種が酵素であることも発見されました。

研究途中などの発表もありますが、酵素を摂ることはがんを予防することを期待できるということがわかります。

できるだけ酵素の吸収率をあげよう

細胞のがん化を防ぎがんの転移を抑える働きが期待できる酵素。健康のために意識的に取り入れる必要性が高まりますね。酵素には弱点もありますので、それを理解した上で摂取することが酵素の効果を最大限に引き出すコツになります。

酵素はフルーツや生野菜に多く含まれています。酸化に弱いため加熱すると一部の酵素が力が失われる場合があるので、できるだけ生の状態で食べましょう。またサプリメントで補う場合は原材料・製造方法・熟成期間を確認して、酵素の効果を得られるか確かめてから購入します。

酵素はビタミン・ミネラルが豊富な食物と一緒に摂取しても効果的です。ビタミンやミネラルは酵素の活動を助ける働きがあり、酵素もビタミンやミネラルの吸収を助けます。サプリメントと一緒にフルーツや生野菜を食べるのもとても良いことです。

またサプリメントを摂取する場合は常温の水が一番効果的です。酵素は冷凍にも弱いので冷凍させたフルーツや生野菜で作ったスムージーやジュースと合わせるのもやめましょう。牛乳も酵素の働きを阻害してしまうので一緒に飲むのはやめましょう。

酵素の成分を一番良いタイミングで摂取する時間帯があります。それが「空腹時」です。胃が空っぽの状態では最初に入れた食物の成分吸収が早まります。ご飯を食べる前に飲んだり、朝起きて白湯を飲んだ後に摂取すると良いでしょう。

まとめ

健康に良いとされていた酵素が「がん」という大きな病の抑制になることは私たち人間にとって嬉しい発表ではないでしょうか。現代の日本人は偏った食生活やストレスなどの刺激により細胞ががん化する機会が増えているとも考えられています。酵素をはじめとするバランスの良い食事を心がけることでがんは抑制されます。ぜひ毎日の生活に酵素を取り入れてみましょう。