酵素不足で肌荒れが起きる!健康と美容に欠かせない酵素

By ritan , 2014年12月17日 , お肌, 肌荒れ

LINEで送る
Pocket

21

人間が生きていくうえで酵素はなくてはならない存在です。生命活動を行い、調節するのに欠かせない存在の酵素ですが、その酵素が体内で作られる量は限りがあり、ある年齢を境にその生産量はどんどん減少していきます。

その結果、肌荒れなどのトラブルが起きやすくなってしまうのです。

酵素不足による肌荒れを防止し、いつまでも若々しく健康的でいるためにオススメの方法をご紹介します。

肌荒れを改善するために酵素が必要な理由

酵素には、消化酵素と代謝酵素があります。消化酵素は、摂取した食べ物を体内で消化して、必要な栄養素をとりこむために必要な酵素で、唾液のアミラーゼなどをはじめ、胃液や膵液などの消化液に含まれています。さらに腸内微生物も消化酵素を作り出すことができます。もう一つの代謝酵素は、体を作る細胞を作る、呼吸や運動に欠かせない化学反応に関わる、老化防止、毒素の解毒作用、免疫力や自然治癒力など生命に関わる重要な役割を担っています。

これらの酵素は日々人間の体内で働いているのですが、年齢と共に酵素が作られる量が減っていきます。もともと消化酵素も代謝酵素も「潜在酵素」と言われる同じものからつくられ、必要によってどちらかの酵素になって働きます。そのため、食べ物から摂れる消化酵素はなるべく食事からとり、代謝のほうに酵素を回すことで健康を維持するのが賢い方法といえます。

しかし、現代の日本人は、食が欧米化して、昔から摂取していた味噌や納豆などの大豆発酵食品や生野菜や果物など酵素が豊富な食べ物を食べなくなり、添加物がたくさん入ったジャンクフード等を多く食べるようになりました。そのため、年齢とともに生産が減少していく酵素を、消化のほうに回してしまい、代謝に使う酵素量が減ってしまっているのです。

そのため老化防止や解毒作用を行う代謝酵素が減り、肌荒れ等のトラブルが起きやすくなっているのです。そういった現状を改善し、代謝に酵素を多く使うことで、肌荒れを防ぐことができるようになるのです。

肌荒れを防止するために酵素を含んだ食事をとろう

上記で紹介した通り、現代人の食生活では限りある酵素を消化のほうに多く回してしまうことになっています。つまり、代謝が衰えることで、体内に毒素や老廃物が貯まりやすくなり、排出もできなくなり、新陳代謝も低下することで肌荒れなどの問題を引き起こしているのです。

それを改善するには、まずは食事の改善が第一です。酵素は熱に弱いため、野菜や果物を生で食べることが効果的です。さらに大豆発酵食品やキムチなど酵素を多く含んだ食品を毎日の食事に取り入れることで、消化に回す酵素を減らして代謝に使う量を増やすことができます。

さらに寝不足や夜更かし、昼夜逆転した生活など乱れた生活習慣も酵素不足に拍車をかけています。というのも、1日の生活で消費された酵素は、睡眠中に生成されて補われるのを妨げるからです。

その上、消化酵素の働きを活性化するセロトニンを減少させるストレスも大きな問題です。ストレスを全く感じないで生きるのは現代では難しいことなので、可能ならストレスを発散させる機会を積極的に持つことで、ストレスを感じてもすぐに発散させる習慣をつけましょう。

まとめ

肌にはすぐに体内の不調が表れてしまいます。酵素不足による肌荒れは、酵素を積極的に取り入れることで徐々に改善されます。ぜひ上記のように食生活や生活習慣を変えたり、酵素のサプリメントやドリンクを上手に取り入れることで体内の酵素不足を補いましょう。