活きたままの酵素を補給して健康状態を良好にしよう

By ritan , 2015年2月26日 , その他, 体質改善

LINEで送る
Pocket

43

人の体では消化酵素と代謝酵素が働いています。

消化酵素は食べ物の消化を良くする役割を持ち、代謝酵素は食べ物の栄養素から得られたエネルギーを体内で働かせる役割を持っています。

食べ過ぎたり消化の悪いものを食べると消化酵素が浪費され、代謝酵素が減って体の調子が悪くなってしまいます。

病気になると代謝酵素が浪費され、消化酵素が減って消化が悪くなってしまいます。

二つの酵素がバランスよく働いているときが健康な状態です。

十分な量の酵素を補給するには

酵素は若い頃は十分な量が働いていますが、30代40代と年齢を重ねてくるにつれて減少してきてしまいます。

酵素が不足してくると健康を維持するのが難しくなるので、定期的に補給してあげることが大切です。

酵素は生野菜や果物などの食材に多く含まれており、それらを摂取することで体内に酵素を補給することが出来ます。

しかし酵素は熱に弱いのでお料理の際に加熱すると壊れてしまい、十分な量の酵素を補給するのが難しくなります。

忙しいときにお料理するのも時間が無くて大変ですし、生のままだとかなりの量になってしまい食べるのも大変です。

そこで野菜や果物を原料にした酵素健康食品やサプリメントを使用すると体内に十分な量の酵素を補給しやすいです。

どれを選んでもいいわけじゃなく前述したように酵素は熱に弱いので、加熱処理されていないものを選ぶことが大切です。

加熱処理されていないものは活きたままの酵素を体内に補給することが出来ます。

酵素は加熱処理されていないものを選ぶ

酵素健康食品と言うと酵素ドリンクが一般的ですが、加熱処理して作られていることが多いです。

それは酵母菌が含まれたままビンに詰めると、発酵が進んで中で膨張しビンが割れて危険なことがあるからです。

加熱処理された酵素ドリンクでは活きたままの酵素を補給するのが難しいのですが、酵素サプリメントなら発酵が進むことがないので活きたままの酵素を配合することが可能です。

錠剤タイプと粉末タイプがありますが、粉末タイプのほうが飲みやすく持ち運びしやすく何かとメリットが大きいです。

お湯で召し上がると酵素が働かなくなる場合があるので、お水で召し上がります。

整腸作用のあるビフィズス菌がたっぷり含まれているヨーグルトにかけても良いです。

まとめ

酵素サプリメントはネットでも販売されていて手軽に入手することが可能です。

体の健康や美容が気になる方は、活きたままの酵素を補給できるサプリメントに着目してみてください。