良質な油は便秘を解消する!善玉菌のエサとなるオメガ3脂肪酸の嬉しい効果とは

By ritan , 2016年10月7日 , オメガ3

LINEで送る
Pocket

large-5

出典先:We Heart IT

健康やダイエットを考えて油を控えていませんか?実は油を全く摂らないことが便秘の原因となり、良質な油を摂ることが便秘解消へとつながります。そこでオススメしたいのがオメガ3脂肪酸です。オメガ3脂肪酸必須の油と言われているだけあって、体にさまざなメリットをもたらします。その一つが便秘を改善する効果なんです。

油の控えすぎは便秘にもつながる

油の摂りすぎは健康被害ももたらすため、油分自体を避ける人も増えてきました。しかしこの異常な拒否が便秘の原因とも言われているのです。油の過剰摂取が健康被害につながる油はオメガ系の一つであるリノール酸(オメガ6系脂肪酸)です。これは加工食品などによく含まれているため、現代人の摂りすぎる原因となっています。

リノール酸を過剰摂取すると、腸が炎症を引き起こしてしまいます。また中性脂肪やコレステロールが増えて血液をドロドロにしてしまうのです。さらに質の悪い油や酸化してしまった油を摂ることで、腸内が腐敗してしまい環境が悪化します。

しかし一方で油不足に陥ってしまうと、腸の壁が硬くなってしまい動きが鈍くなります。そして便になって排出される予定の残りカスが腸壁に張り付いて蓄積されます。これにより油不足は便秘を促進させる原因にもなるのです。

さらに腸内環境が悪くなると悪玉菌が増殖してしまいます。悪玉菌はアルカリ性物質を排出するのですが、これが腸の粘膜を溶かす作用がありその修復が行えなくなります。良質な油を餌としている腸内細菌は油不足によって腸壁を餌にしてしまい、さらに腸内が傷ついてしまうのです。悪玉菌が増える・餌となる油分の不足が便秘を引き起こす一端を担っています。

オメガ3脂肪酸の便秘解消効果

油不足が便秘を引き起こす原因にもなりますが、オメガ3脂肪酸などの良質な油を摂ることで、便秘解消へとつながります。オメガ3脂肪酸は腸内環境を良くする善玉菌の餌になることがわかっているのです。

私たちの腸内には100兆個以上の腸内細菌が存在し、その種類は100種類以上にも及びます。この100種類以上の腸内細菌は良い活動を行う善玉菌、悪い活動を行う悪玉菌、どちらにも変化する日和見菌の3種類に大きく分類することができます。

腸内環境を悪くする悪玉菌は先ほどの説明の通り、腸壁を傷つける原因にもなり、便秘などのトラブルを引き起こします。さらに悪玉菌が増えるとどちらにも属していなかった日和見菌が悪玉菌に変化し、さらに腸内環境を悪化させるのです。

善玉菌は腸内を掃除し、消化や排泄を促す働きがあります。この排出こそ便秘に悩んでいる人に必要な活動です。さらに善玉菌が増えると日和見菌は善玉菌に変化しますので、ますます腸内細菌のバランスが良くなります。つまり悪玉菌を減少させることが便秘改善へとつながります。その方法は善玉菌を増やすことです。

善玉菌を増やすためには善玉菌の餌となる物質を与える必要があります。オメガ3脂肪酸は餌になる物質の一つです。定期的に摂取して腸内へ届けることで善玉菌も増えるのです。これがオメガ3脂肪酸が持つ便秘解消効果になります。

慢性的な便秘ならマッサージやストレッチも一緒に

オメガ3脂肪酸が便秘解消にとても良いことはわかりましたが、慢性的に便秘の人は便秘解消の食品を食べるだけでは解決しない場合があります。そこで便秘解消に効果的なマッサージやストレッチも一緒に行いましょう。

【お腹マッサージ】
①両手を重ねてお腹の上に置く
②時計回りに円を描いてさする(押さない)
③10〜20回繰り返す

【腰マッサージ】
①背中を伸ばして手のひらを腰に当てる
②腰の下から背中に向かって上下にさする
③背中に向かう時は指、腰に向かう時は手のひらを使う
④暖かくなるまで繰り返す

【下腹部マッサージ】
①S状結腸の上に片方の手の指を置く(左下腹部の腰骨あたり)
②もう片方の手も添えて軽く押す
③20回繰り返す
④次は指先を斜め下に移動(足の付け根まで)
⑤その位置からS状結腸までマッサージ
⑥10回繰り返す

【ねじりストレッチ】
①便座や椅子に座る
②右ひじと左ひざをくっつける
③左ひじと右ひざをくっつける
④20回繰り返す

【寝転びストレッチ】
①仰向けになって膝を曲げる
②お尻に力を入れながら腰を浮かす
③胸と膝が一直線になるまで上げる
④少しキープして下ろす
⑤10回繰り返す

【お腹タッピング】
①お腹全体を強めの力でタッピング(腸を揺らすイメージで行うとなお良い)
②複数回行う

まとめ

油を過剰に控えるダイエットや間違った健康知識によって便秘が深刻なものになることがわかりました。質の悪い油や酸化した油を摂ることは腸内に良くありませんが、オメガ3脂肪酸などの良質な油は善玉菌の餌となり、腸内環境を改善します。便秘解消のマッサージやストレッチを併用してオメガ3脂肪酸を摂取することで効果も倍増になりえます。オメガ3脂肪酸は定期的な摂取が推奨されているので、日々の食事として取り入れてみましょう。